住宅ローン 確定申告

スポンサーリンク

住宅ローンを組んで、マイホームを購入(新築、中古どちらでも)すると、10年間住宅ローン残高の1%の控除を受けることができます。この1%と言うのは、とても大きく、仮に残高が1,000万円あるとすると、その1%ですから、10万円の控除を受けることができます。

この、10万円は所得額から引くのではなく、生命保険などの控除とは違って最終的に計算した税額から差し引くので、とても大きな価値があります。
この住宅ローン控除は、普段、住宅ローン減税などと言われていますが、正式名称は「住宅借入金等特別控除」といいます。この言葉を知っていると情報を探し始めた時にスムーズにいくと思います。
この控除を受ける方法ですが、とても大きな注意点があります。毎年税務署に直接確定申告をしている人はいいのですが、サラリーマンで確定申告をしたことがなく、毎年勤務先の年末調整で納税している人は気をつけて欲しいいのですが、一回目の申請のみ直接税務署で確定申告をする必要があります。

2年目以降は勤務先で行ってくれる年末調整で住宅ローンの減税を受けることができます。
この住宅借入金等特別控除をの申告を、税務署にするために必要な書類があります。

・源泉徴収票
・土地・建物の売買契約書(コピー可)
・土地・建物の登記簿謄本
・金融機関等からの借入金残高証明書
・住民票
確定申告の用紙は、個人事業をしている人などいろいろありますが、給与所得者の場合であれば、住宅ローン控除の申告書用紙(確定申告書A様式)に記入していくことになります。

調べて事前に記入していくのもひとつの方法ですが、それでは時間がかかります。じゃどうするのということになりますが、必要書類をそろえて、直接税務署に出向きます。そうするとあっけなく申告が終了してしまいます。私の場合、税務署が混んでいてちょっと待ちましたが、新設な税務署の方がいてとてもスムーズに申告を済ますことが出来ました。
記入する書類は次のものになります。
・(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
・確定申告書(第二表)
・確定申告書(第一表)

あと、税務署に出向くときには、忘れずに印鑑を持参して下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です