確定申告 高額療養費

入院や手術や手術などで高額な医療費を払った時に、一定の額を超えた時に適用される驚愕療養費精度があります。この制度を利用するにはどのような手続きが必要でしょうか?また、確定申告との関係はどうなっているのでしょうか?

医療費は沢山払ったけど、医療費控除とか高額療養費などの言葉は聞くけどどうしたら良いの?という方も少なくないのではないでしょうか?

高額療養費とは、健康保険組合や協会けんぽなど加入している健康保険制度から医療費の自己負担限度を超えた分について、払い戻しをしてくれる制度です。
これは計算が難しく、報酬(収入、給料)によって給付の額も変わってきます。健康保険組合に加入していれば自動的に給料に振り込んでくれる場合もありますが、それは一部です。

大抵の場合は、自分で申請することになります。申請するときは、それぞれの健康保険によって、申請用紙が違いますので、お問い合わせてください。
この高額療養費の請求をして給付をうけますが、確定申告で申告する額は、この高額療養費をかかった医療費から引いた額が対象になります。
よく、高額療養費と医療費控除とどちらを使ったほうがいいのでしょうか?との疑問を持っている方がいますが、高額療養費の請求をしてから、確定申告の医療費控除を受けるのが正しいです。
高額療養費を請求しないで、医療費控除を受けることもできますが、帰ってくる金額を計算してみてください。桁違いになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です