高額医療費時効

スポンサーリンク

高額医療費は、入院などで高額な窓口負担があった時に発生します。大手企業が作っている健康保険組合などに加盟していると申請しなくても自動で支払いをしてくれるとところもありますが、多くの人が加入している協会けんぽでは高額療養費を申請しないと給付を受けることができません。

つまり、もらえる資格があるのに申請しないともらえないということです。社会保険は向こうからこの「給付金あげます」と言って連絡をくれることはありません。年金も同じです。制度を調べてもらい損のない様にしたいです。なんといっても、高い保険料を払っていますからね。
前置きが長くなりました。高額療養費の時効は、次のような言葉で表現されています。厚生労働省のホームページでは次の様に書いてあります。
「高額療養費の支給を受ける権利の消滅時効は、診療を受けた月の翌月の初日から2年です。したがって、この2年間の消滅時効にかかっていない高額療養費であれば、過去にさかのぼって支給申請することができます。」

請求できるのは2年間です。
お忘れのないようにして下さい。
また、限度額適用認定証を使った場合は、高額療養費を先にもらう制度なので、限度額適用認定証を支払いに適用された方は、高額療養費は支給されません。わかりにくかったら、保険証を発行しているところに聞いてみてください。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。