確定申告 2015

2015年(平成27年)の確定申告期間と提出方法について

2015年(平成27年)の確定申告期間は、
2015年2月16日(月)〜3月16日(月)です。

上記の期間中に、2014年の1年間の収支をまとめて、
税務署に提出します。これを確定申告といいます。

2014年中に開業した方は、開業してから2014年中、
2014年の12月31日までの実績を申告します。
確定申告を受け付ける税務署の受付時間は、
月曜日~金曜日の8時30分〜17時ですが、
確定申告期間内に限って、一部の日曜日に開庁して
相談・申告書受付を行う税務署もあります。
確定申告の仕方は、直接税務署に提出するだけではありません。
次の3種類があります。
それぞれの方にあった方法で申告することができます。
1.税務署に確定申告書類を持参する。
2.税務署に郵便で確定申告書類を送る。
3.e-Tax(イータックス)を使ってネットで確定申告する

それぞれについて説明したいと思います。
私の体験も少し交えたいと思います。

1.税務署に確定申告書類を持参する。

これは文字通り、税務署に直接行って確定申告をします。
確定申告自宅で書類を作成してからいくと申請がスムーズですが、
必要な書類を持っていけば、税務署で書類を作成することができます。
私の初めての確定申告の時は何もわからずに、
関係書類を持って行って、新設な税務署のご担当の方に
たすけられて、無事に確定申告を完了することが出来ました。
事前に調べておいて良かったです。
必要な物を持参しないと、一度では終わらないところでした。

2.税務署に郵便で確定申告書類を送る。

私は2回めの確定申告から、税務署の提出は郵送で送っています。
前回申請した時に、申請書を郵送してもらうようにしたので、
それに記入して申請書を完成させました。

その当時、税務署の前を休日によく通っていました。
厳密にいうと郵送ではないかもしれませんが、
税務署のポストに直接差し出しました。

持参したので、切手代はかかりませんでした。
申告書を入れる封筒は、税務署から送ってくれた書類の中に入っている
用紙を切り取って作ります。
それなので、切手をはって送る場合でも、住所の記入ミスは起こりようがありません。
この辺は税務署の心配りがありがたいです。

3.e-Tax(イータックス)を使ってネットで確定申告する

e-Tax(イータックス)とは、国税に関するオンラインサービスのことです。
e-Taxで電子申告するには事前申請が必要です。
e-Taxだと紙を提出する必要がありません。

税務署としては、紙を見る必要がないので、
仕事がかなり楽になると思います。
出す方も用紙を作らなくてもいいし、申告はネットで完了なので、
楽ちんです。

これもいいことばかりでない、提出方法がわかりにくいです。
パソコンが苦手な方は難しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です